社労士☆合格を成し遂げるシャロ勉法

社労士試験対策☆E判定でも合格できた勉強法(シャロ勉)&社労士開業奮闘記

社労士試験の救済予想の精度、価値が下がる!?原則と特例補正の影響

毎年恒例となっている、社労士試験の合格基準点ボーダー予想。

科目毎の基準点で特に選択式が最大の関心事となってます。

社労士試験初めての方のために解説すると、

選択式は1科目5点満点で3点以上が基本ルール

2問しか失点できないシビアな試験なのです。

2022年第54回社労士試験の救済予想

さらに難問奇問が多い、一般常識科目(社一、労一)が平均点も低くなり、

3点をとれない人が近年続出してます。

原則の救済

3点以上が5割いないと、基準点に引き下げが検討されます。

その際に、2点以上を合格させてしまうと、7割以上が合格になってしまう場合は、

引き下げをしないとルール,が発表されてます。

これが原則救済です。

※救済の詳細条件はこちら👇

goukakuget.hatenadiary.com

そのため、大手予備校を中心に、受験生から自己採点データを集約、分析して、

基準点を予想していました。

掟破りの特定補正とは

ところが、昨年は実際の得点分布からは、2点救済にはならないデータだったにもかかわらず、2点救済や2点のはずが、1点救済となりました。

この結果に、どの予備校も想定外となり、物議をかもしました。

予備校の言い訳は、原則とあったので、原則があれば、例外がある。

今回は例外が発動されたと、後出し解説がでてました。

なぜ、原則を無視したかの、基準は試験委員会から発表されてません。

※巷の噂では、想定していた合格者数に達しなにので、引き下げたと言われてます

今年の救済予想は難しい!?

昨年の特例補正が影響しており、

各校の発表が、保険をかけた表現になってます。

原則ルールならば、「救済はない」ただ特例補正になれば救済もありえると・・・

 

基準不明な特例があるとわかった今年の予想は、

予想の精度や価値が下がってしまっています。

 

自己採点データを分析しても、ルール通りにならない可能性があるとなれば、

何を信じて良いかわかりません。

下手すれば、原則ルールで救済になる場合でも、特例で救済なしにしても、誰も文句言えないのか?とも考えてしまいました。

2022年の救済大胆予想

合格者数の調整のために特例になったとの噂を信じれば、

選択式で、すべての科目で救済なしとした場合、

何名の合格者がでるかがポイントな気がします。

2000名以上を確保できれば、特例は発動しないと思われます。

👇

2022年選択式は救済なし

 

各校の分析データをみると、2点の方も多いですが、

3点の方も今年の社一は多い※1ので、2点の方を救わなくても

2000名は確保できるのでは?と思ってます。

 

※1

平均的な受験生も多いクレアールの分析データで

3点は39.1%、3点以上で、60.5%

(2点以下は9.8%、高得点の方も多いTACは7.7%)

 

このあたりは、救済の有無、補正の有無、合格者数が

10月5日に発表されると、2年分のデータを参考して、

特例補正が、なぜ発動するか裏基準が少しは見えてくるかもしれません。

 

☆御礼☆

最後までお読み頂きありがとうございます。

下記のアイコンをクリックすると、他の素晴らしい社労士や資格関連のブログの一覧が表示されます。 参考になりますので、ぜひ閲覧してみてください。

【お願い】 この記事も参考になったらアイコンクリックお願いします。

👇️

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村


社会保険労務士ランキング