社労士☆合格を成し遂げるシャロ勉法

社労士試験対策☆E判定でも合格できた勉強法(シャロ勉)&社労士開業奮闘記

社労士試験の選択式対策☆暗記する注意点(数字と単位はセットで覚えること)

模試の結果はどうでしたでしょうか?

数字の穴埋めは、記憶を正しく思い出して正解できましたか?

直前期は暗記が勝負。数字、日付を覚えまくれば、確実に点数がアップします。

それでは演習問題をやってみてください。

厚生年金から出題

【問題1】

 臨時に使用される者(船舶所有者に使用される船員を除く)であって、次に掲げる
ものは、厚生年金保険法第 9 条及び第 10 条第 1 項の規定にかかわらず、厚生年金保険
の被保険者としない。ただし、(1) に掲げる者にあっては【 A 】 、(2) に掲げる者にあっては所定の期間を超え、引き続き使用されるに至った場合を除く。

(1) 日々雇い入れられる者
(2) 【 B 】 以内の期間を定めて使用される者
2 遺族厚生年金 の受給権者は、その氏名を変更した場合であって厚生年金保険法施行規則第 70 条第 1 項(氏名変更の届出)の規定による届書の提出を要しないときは、当該変更をした日から【 C 】 に、所定の事項を記載した届書(氏名変更の理由の届出)を、日本年金機構に提出しなければならない

 

選択肢

①14日を超え ②14日以上  ③1月以上 ④1月を超えて

⑤7日以内 ⑥10日以内 ⑦ 2 月 ⑧4月  ⑤ 6 月

 

どうでしょうか?

選択肢に数字ばかり並んでいる、しかも単位が違うのが揃ってると

迷ってきませんか?

 

【答え】 A:④1月を超えて B:⑦2月 C:⑥10日以内

選択式はケアレスミスに注意

数字ばかり覚えていると、単位や語尾を変えられると迷うだけでなく、

例えば

10日以内が正解といして、

選択肢に

①7、 ②10、 ③・・・、④・・・、⑲7日以内、⑳10日以内

なんて表示されることがあります。

先に目にはいる「10」を選んでしまうこと良くあります。

 

私はこれで本試験1点失いました。

知っていた知識なのに、早とちりして、上記例ならば「10」が目に飛び込んできて、

②10を選んだことがあります。

この失敗は非常に悔しい失点となります。

 

本試験は緊張して集中力も下がります。

選択式専用の問題演習をする際は、目だけで回答せずに、

ちゃんと答えを選んで書いて、答え合わせをしてください。

慣れてくると、ちゃんと単位にも注意ができるようになります。

紛らわしい用語チェック

「以上」「超える」「以下」「未満」「満たない」「達しない」
「以前」「以後」「前」「後」

正しく理解してますか?

不安な方は、些細なことで失点しないためにも下記記事を参照ください

👇

goukakuget.hatenadiary.com

選択式対策

選択式対策は、択一対策だけでは解けない問題、選択式ならではのひっかけ問題がありますので、専用の問題演習をしておく必要があります。

直前期は時間がありませんので、

大原のトレーニング問題集「レベルA」だけをやりましょう

A問題は選択式ならではの問題となってます。

👇

表紙をクリックして詳細確認

☆御礼☆

最後までお読み頂きありがとうございます。

下記のアイコンをクリックすると、他の素晴らしい社労士や資格関連のブログの一覧が表示されます。 参考になりますので、ぜひ閲覧してみてください。

【お願い】 この記事も参考になったらアイコンクリックお願いします。

👇️

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村


社会保険労務士ランキング