社労士☆合格を成し遂げるシャロ勉法

社労士試験対策☆E判定でも合格できた勉強法(シャロ勉)&社労士開業奮闘記

社労士試験の直前対策☆テキストを封印しよう

超直前期にすべきことをは、丸暗記でも良いので1点でも多く得点力をあげること

あるあるは、やたらと色々なテキストに手を出してしまう。

不安になり同じテキストを、何度も開いてしまう・・・

計画性のない惰性でのテキスト反復では得点力につながりません。時間を浪費するし知識も中途半端になるだけです。

超直前期の勉強姿勢

ここで覚えたら、本試験まで知識をもっていく覚悟をもって、

1論点ごと集中して覚える時期です。背水の陣のように覚悟をもつと、集中力もたかまり記憶力もアップします。

そのために封印の儀式があるのです。

封印の儀式とは

超直前対策名物です。

封印とは、仕上げた科目の教材を封印=しまうことです。

(本当に捨てる強者もいます)

封印のやり方

一度学習したら、迷わず封印する。その覚悟をもって、1日1日学習していきます。

封印のステップ

科目毎に行います

ステップ1:最終チェック済は付箋をはがす

ステップ2:すべて付箋をはがせたら、テキストをしまう

※どうしてもはがせない付箋の内容は、直前確認ノートにまとめてる

f:id:goukakuget:20210417001419p:plain

ステップ3:問題集をしまう

※連続で間違えた重要論点の問題は、暗記ノートにまとめてる

 

ステップ4:直前確認ノートのみで復習(本試験7~3日前ぐらいから)

 

ステップ5:本試験当日、試験開始直前まで、暗記ノートをチェック

「テキスト等をしまってください」の号令で、ノートを本当にすてる!

「はじめ!」の合図で、

すべての封印を解放して、全力で戦いましょう

 【実話】未封印の怖さ@本試験会場

本試験会場に、キャリーケースを転がしてくる受験生がいます。

どさっと机にテキストをだして超直前の復習開始(汗)です。

気持ちはわかりますが、

封印せずに会場で、すべてを開いたら逆効果だと思うのですが・・・

(私なら、あれもこれもと・・・逆に焦ってしまいます)

なぜ封印するのか

社労士試験は広範囲に勉強しなければなりません。

完璧にすべてを覚えることは無理です。

超直前期に、不安な論点が、あらたに発覚してしまうとメンタルがやられます。

覚えるのにも時間をとられてしまいます。

 

自分で完璧と決めた段階=自分自身の最高の仕上げの状態

その時点で封印すれば、超直前期の記憶は本試験までキープできます。

 

超直前期の記憶を高めるスペックは、

シャロ勉を続けてきたものだけに、あたえられるゴールデンタイムにおきる魔法です。

魔法があるからこそ、安心して封印できるのです。  

全てをすてるメリット

直前期はメンタル対策が大切と繰り返しお伝えしてきました。

すてるモノの候補

・邪念も捨てる

・雑念を捨てる

・誘惑も捨てる

・物欲も捨てる 

・勉強に関係ないものは、すべて捨てる

goukakuget.hatenadiary.com

いまだけは、修行僧のような生活で挑んでください。

シャロ勉の悟りが開けるかもしれません・・・。

成し遂げましょう!

 

☆御礼☆

最後までお読み頂きありがとうございます。

下記のアイコンをクリックすると、他の素晴らしい社労士や資格関連のブログの一覧が表示されます。 参考になりますので、ぜひ閲覧してみてください。

【お願い】 この記事も参考になったらアイコンクリックお願いします。

👇️

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村


社会保険労務士ランキング