社労士☆合格を成し遂げるシャロ勉法

社労士試験対策☆E判定でも合格できた勉強法(シャロ勉)&社労士開業奮闘記

社労士試験1か月前突入☆直前対策プラン(初学応援)

シャロ勉(社労士試験勉強)は順調ですか?

社会保険労務士試験8月22日、応当日ベースで1か月前になりました。

 

初学&独学の方は、不安の方が大きくて心配されてるかと思います。

経験者の方は昨年の失敗を糧に対策ができてるから心配ないはず・・・。

 超直前期の勉強計画についてまとめます。

 

 1か月前からの勉強計画

初学の方へ 

今日から30日の対策で運命が変わります。

模試や予想問題の点数から対策を練り直しします。

 

超直前期の得点力別プラン 

D~B範囲だったらどうするか?

1年目の自分にアドバイスするならば、どうするかを考えてみます。

f:id:goukakuget:20210430103339p:plain

 

D:選択式、択一式ともに点数が半分以下

時間がありません。

☆択一式対策

択一式に的を絞りましょう。

とにかく過去問演習と模試の復習あるのみです。

一般常識と法改正対策は、模試の復習のみで、あとは捨てる勇気を持つ。

 

☆選択式対策

選択式は、正しい日本語を完成させる試験。

択一式の知識、読解力と勘でカバーできる部分も多い。

【目的条文対策:耳勉】

唯一、目的条文だけは、隙間時間に暗記してください。

 youtu.be

C:選択式は合格レベル付近、択一式が課題

大きな課題は、択一式です。

過去問+横断整理を追加します。

 

☆択一式対策

ポイント1

過去問は、苦手な科目からはじめる。

少なくとも苦手科目は2度目の勉強する時間はとれるはずです。

(理想は全科目2回転)

苦手科目をつぶせば自信になります。

直前期は、理解、理屈より暗記です。

答えられれば、理解してなくてもOKです。

  

ポイント2

関係する科目を、1日まんべんなく演習します。

1か月で過去問を2回転が目標

①国民年金、厚生年金、健康保険+労災保険

②労働基準法+安全衛生法+徴収法+雇用保険

 

時間的に2回転が難しい場合

配点が高い社会保険科目①を優先(

社保は各科目10点、労基7点、安衛法3点・・・)

労働法関係は、過去問知識で満点も狙える徴収法を優先

安全衛生法は深入りしない。出題頻度Aランクのみやる。

 

ポイント3

とにかく短期間で全科目まわす。「一気呵成」が重要です。

一気にやる効果

「あれ?たしか他の問題で似たような出題あったな?」と脳裏によぎります。

その時に類似問題も復習することで、過去問をやりながら横断整理ができます。

時間の余裕があれば、横断整理に特化した問題集を追加します。

知識量はすでに豊富にあるレベルです。

知識の整理ができるだけで、飛躍的に点数がアップします。

確実に合格できるレベルまであと少しです。

 

 比較認識法(R)で社労士マスター 択一対策編 2021年度

  

 

☆選択式対策

Dとは違って、選択式の点数がとれている

しかし択一式の知識が足りない状況

この場合、選択式は、なんとなく正解できている問題も、まだ多いはず。

選択式の専用問題集を追加しておくと万全です。

 

大原トレーニング問題集(選択式)

択一式知識でとけない問題:ランクAのみを演習します。

 

 解いて覚える! 社労士 選択式トレーニング問題集 5厚生年金保険法・社会保険に関する一般常識 2021年対策 (合格のミカタシリーズ)

  

B:択一式は合格レベル、選択式が苦手

一番合格に近い方です。

 

☆択一式対策

択一式が35点以上あれば、各科目あと1点のばせば、合格基準近くになります。

すでに40点前後であれば、択一式は仕上げの段階です。

いままでのやり方で良いのでアウトプットの数を増やすこと。

仕上げにテキストの精読を加えると、点数が安定します。

※Cの方向けに記載した、択一式対策を必要に応じてとりいれるのも有効です。

 

点数の伸びしろに、一般常識と法改正があります。

暗記力に余裕があれば、一般常識テキストを暗記を追加。

出題論点が広範囲のため、学習効率はわるいので、

択一の基準点確保4点を狙える程度(社一の法令メインの学習でもOK)

 

☆選択式対策(Dと同じ)

選択式の専用の知識を訓練します。

苦手科目は、すべての問題を演習しておきます。

 

D~Bのランク全員共通

毎年覚える範囲がわかる

一般常識(統計問題)と法改正は、

覚える量も多いわりに、的が絞れない出題数が少ないので、

メインの課題に割ける時間が十分でなければ、戦略的に捨てるのも作戦としては有効です。

最低レベルは模試で出題された内容をおさせておけば十分です。

昨年のレベルならば、結果論ですが、法改正専用の勉強をしてなくても、

多くの方が合格してます。

選択式の労一の統計名称を選ぶ問題に関しては、

ほとんどの方が、統計名称は聞いたことがある、読んだことはあるものばかりですが、

重要視してなく、答えられないかたが続出。

統計を徹底的に勉強してた方と、勉強してない方の差が出にくい問題でした。

 

令和3年ヤマ当て(一般常識)

予感です。

今年は統計より、労務管理用語がでるかもしれません

ハーズバーグ、テーラー、ホーソン、メイヨー等 

このカタガナにピンとこない方は、

チェックしておいた方が良いかもしれません。

 

超直前期を乗り切るプランの参考になれば幸いです。

初学者は、この30日で、信じられないぐらい点数が伸びます。

本試験の1日前でも成長できます。

ピークを8月22日として逆算してプランを計画しましょう

合格して官報に番号がのる日も間近です。

陰ながら応援しております。

f:id:goukakuget:20210620180005p:plain

 

☆御礼☆

最後までお読み頂きありがとうございます。

下記のアイコンをクリックすると、他の素晴らしい社労士や資格関連のブログの一覧が表示されます。 参考になりますので、ぜひ閲覧してみてください。

【お願い】 この記事も参考になったらアイコンクリックお願いします。

👇️

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村


社会保険労務士ランキング