社労士☆合格を成し遂げるシャロ勉法

社労士試験対策☆E判定でも合格できた勉強法(シャロ勉)&社労士開業奮闘記

社労士試験択一式の対策☆個数問題の対処について

昨日の組み合わせ問題に続いて、近年増えている出題形式として

個数問題があります。受験生を悩ませる出題方式について対処法をまとめます

択一式の個数問題について

5つある問題肢の正誤判定を数えさせる問題です。

「正しい問題の肢数は、いくつか?」または

「誤っている肢の個数はいくつか?」を問う問題です。

 

個数問題の難易度

1つ1つの問題肢をみれば、難易度は高くはないのですが、難易度を高めているのは、5問正解できる実力がないと、個数問題の正解を得られません。

個数問題はコスパがわるい

なぜ、コスパがわるいかと言うと、1つの問題肢の正誤判断を誤れば、肢別にみれば正答率80%、4勝1敗ですが、問としては、個数を当てて、たった1点ゲットなのです

5点とれる実力を発揮して、1点しか取れない解答効率が、物凄い悪い出題形式です。

個数問題の傾向

令和3年は3問

令和2年は2問

と増えています。

個数問題の対処法

出題傾向からも、2点、3点分になります。

択一式は1科目4点以上で足切り回避

1科目7点×7科目=49点あれば確実に合格できます。

 

5問解いて1点のコスパがわるい個数問題は、本試験では時間が足らなくなる可能性が高いので、全科目をときおえるまでは、華麗にスルーする戦略があります。

飛ばした個数問題のページは、問題用紙の角を折ってわかるようにしておきます。

他の問題も、正解の自信100%は〇、曖昧なのは△をつけておきます。

 

残り時間をみて、見直しする問題を選びます。

△で正答の自信が50%~問題を見直しするか、

個数問題にチャレンジするかを判断します。

 

個数問題は例年通りならば3問程度なので、問題の文字数が少なくて軽く読めそう問題ならば、個数問題にトライする。5肢に難問がかくれてれば、あとは感でマーク。

△に記しておいた問題ならば、2択までは絞れてると思います。確率2分の1をあてにいった方が確率が高くなります。

 

本試験は100点を取る試験ではありません。

合格基準点をクリアする試験です。

基準点から逆算して、解く問題の優先順位を決めることが解法の秘訣です。

それではまたあした

【参考】個数問題を市販書で演習

個数問題を演習するなら、本試験と同様の5肢択一式の問題集を利用しましょう

過去問バージョン

👇

問題集(新作あり)はこちら

👇

☆御礼☆

最後までお読み頂きありがとうございます。

下記のアイコンをクリックすると、他の素晴らしい社労士や資格関連のブログの一覧が表示されます。 参考になりますので、ぜひ閲覧してみてください。

【お願い】 この記事も参考になったらアイコンクリックお願いします。

👇️

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村


社会保険労務士ランキング

【参考】択一式の組み合わせ問題について👇

goukakuget.hatenadiary.com

【お願い】 応援のクリックよろしくお願いいたします。

👇️

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ