社労士☆合格を成し遂げるシャロ勉法

社労士試験対策☆E判定でも合格できた勉強法(シャロ勉)&社労士開業奮闘記

白書簡単まとめ☆令和3年版の労働経済白書を読み解く

2021年試験で労働経済白書から、まるっと1ページ抜かれて

助成金問題が出題。超難問となり、選択式の労働一般常識(労一)では、

1点救済となりました。

 

対策は、予備校の白書講義は直前期となります。

時間の余裕がありません。

今から白書を読むことをオススメします。

すべて読めれば良いのですが、概要版は必読です。

以下からダウンロードできます。

白書、年次報告書|厚生労働省

すべて紙で読みたい方はこちら👇

500ページありますから、読むなら年内から読んだ方が絶対に良いです。

厚生労働白書 令和3年版―新型コロナウイルス感染症と社会保障

 

白書簡単にまとめ

令和3年版の労働経済白書

2019年~2020年のデータ

 

第一章:新型コロナウイルス感染症の感染拡大による雇用への影響等

労働力の状況

2019年まで雇用数は増加

非労働力人口(家事や通学、高齢で労働市場に算入してない人)は減少していた

 

2020年4月 緊急事態宣言が発出

就業者・雇用者が約100万人減少

その後緩やかに回復するも2020年の年末時点では元の水準に戻らず

 

非労働力人口は4月に約100万人増加、その緩やかに減少

その後緩やかに回復するも2020年、年内に元の水準に戻る

 

完全失業者(仕事を探しているけど仕事につけない方)

完全失業者の労働力人口に対する割合

完全失業者数・完全失業率(2.2→10月3.1%)ともに緩やかに増加

 

休業者の推移

4月に前年の420万人

その後減少し8月以降は横ばいで推移

 

感染拡大下の

就業者・雇用者大きく減少

完全失業者大幅に増加していない

 

非労働力人口・休業者一時的に増加

 

労働時間や賃金の状況

労働時間について

労働投入量(一人当たりの労働時間×雇用者数)

=すべての労働者の労働時間の合計を表す数値

2020年5月に労働時間が大きく減少

(2009年リーマンショックに比べても大きく減少)

 

総雇用者所得の動き

総雇用者所得(一人当たりの賃金×雇用者数)

=すべての雇用者の賃金の合計

2020年5月に大きく減少

(2009年リーマンショックに比べて下げ幅は小さい

 

【重要】リーマンショックの時と比較

労働時間は大きく減少したが、賃金の下げ幅は小さかった

これは各企業の雇用や賃金を維持する努力

政策にとる下支えの効果があったと推察される

⇒雇用調整助成金等

 

雇用調整助成金等による完全失業率抑制効果

2020年4月~10月

完全失業率平均2.9%

雇用調整助成金等による抑制効果=2.6%ポイント程度抑制

 

社労士試験の白書対策

白書の数値をおおよそで覚える

特に前年と変化があった数値は重要

 

用語の定義をしっかり理解して覚える

第一章では

・非労働力人口

・完全失業者

・労働投入量

・総雇用者所得

赤字の2つは、受験当時のテキストでみた記憶がなかった用語

計算式もあるので、試験対策としては要チェックです。

・雇用調整助成金 等

用語があいまいな方は、テキストの精読してみてください。

社労士試験は白書以外、インプットの正確さが、

試験の点数に大きく反映されます。

いまの時期はインプットを丁寧に取り組まれることをオススメします。

 

☆御礼☆

最後までお読み頂きありがとうございます。

下記のアイコンをクリックすると、他の素晴らしい社労士や資格関連のブログの一覧が表示されます。 参考になりますので、ぜひ閲覧してみてください。

【お願い】 この記事も参考になったらアイコンクリックお願いします。

👇️

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村


社会保険労務士ランキング

f:id:goukakuget:20210224211822p:plain