社労士☆合格を成し遂げるシャロ勉法

社労士試験対策☆E判定でも合格できた勉強法(シャロ勉)&社労士開業奮闘記

社労士試験☆過去問の再出題率

過去問やっても、再出題されないと言われてます。

私も2割、3割もでないと聞いたことがあります。

 

実際に調査したデータがあります。

2017年から2020年本試験に対して

過去問20年を調べると

☆択一式 

約33%~43%

 

☆選択式

約30%~52%

 

学習では、20年分をやる人は、ほぼいないので、

過去10年分になれば、2割と言われてるのは妥当かもしれません。

 

過去問学習(数字論点が多い)で点数がとりやすい

労災法(徴収法含む)、雇用法(徴収法含む)で、

正解の選択肢とビンゴだった過去問数データです。

※調査年数:過去問20年分

 

2020年

労災法・徴収法:22

雇用法・徴収法:16

 

社会保険科目は高い再出題率ですが、(社会保険科目択一:23~26一致)

1科目10問もあるので、過去問数が多いので、再出率も高くなると言えます。

問題数の比率で比較したら、

過去問演習のコスパは、労災、雇用、徴収法が高いと言えますね。

 

過去問と類似している問題数まで含めると、

選択式:約56%

択一式:50%

 

過去問とまったく同じでなくても、

過去問を理解して解ける能力が身に付けば、約5割得点できることになります。

これが、過去問学習が大事と言われる理由ですね。

 

合計の合格基準点は、約7割(年によっては6割)

あと2割得点をアップできれば、合格レベルに達するわけです。

 

f:id:goukakuget:20210207011155p:plain

 

直前対策

過去問演習を、できるかぎり回数を増やす。

暗記でクリアできる問題は、丸暗記する。

過去問からの再出題率も、けっして低くないので、

暗記も無駄になりません。

正解肢を当てられなくても、不正解の選択肢を判別できるだけでも、

正解を見つける可能性が高くなります。

 

超直前期は、あきらめず、なんでも、信じてやれば

1点増につながります。

 

本試験まで、12日あります。

苦手科目を中心に過去問演習なら、あと2回転はできると思います。

私は全科目、お盆休みで3回転やりとげました。

短期間で過去問をやり込むと、解答スピードもあがります。

回数を多くするコツは、難しい問題はパス(基本論点をとれば良い)、

迷っても復習に時間をかけないです。

 

仕上げた科目は、どんどん封印しましょう!👇 

goukakuget.hatenadiary.com

 

 

☆御礼☆

最後までお読み頂きありがとうございます。

下記のアイコンをクリックすると、他の素晴らしい社労士や資格関連のブログの一覧が表示されます。 参考になりますので、ぜひ閲覧してみてください。

【お願い】 この記事も参考になったらアイコンクリックお願いします。

👇️

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村


社会保険労務士ランキング

 

ストレスゼロの生き方 心が軽くなる100の習慣 (きずな出版)