社労士☆合格を成し遂げるシャロ勉法

社労士試験対策☆E判定でも合格できた勉強法(シャロ勉)&社労士開業奮闘記

予備校DX化の恩恵を受けて合格を勝ち取ろう(ZOOM講義)

社労士試験対策のZOOM講義を体験しました。

想像以上の良さがありましたので報告しますね。

f:id:goukakuget:20210410220901p:plain

 

【体験した講座】

山川社労士予備校 ZOOM講義(ヤマゼミ)

昨日は、ZOOM講義の最終回「労働に関する一般常識編」でした。

答練を、リアルタイムに解いて答えを解説していきます。

下記は、スマホで視聴したイメージです。

f:id:goukakuget:20210410212126p:plain

※Eプロスト社より掲載許可済み

 

ZOOM講義の詳細はこちら

 

オンデマンドの動画による通信講座と同じでは?

「何が違うの?」と思いますよね。

参加するまで、私もそう思ってました。

 

受講した感覚は、町の塾に通ってる感じです。

パネラーの生徒と一緒に講義に参加してる気分になれます。

山川先生はパネラー生徒を指名して答えさせます。

自分も、いつ指されるのかとドキドキする感覚になり緊張感がでます。

※ご安心を・・実際にはパネラー以外は指名されません。

 

解説だけでなく、山ちゃんと生徒がディスカッションしていきます。

問題から派生する論点などを、掘り下げていくのです。

 

何が一番良いかと言えば、

他の受験生が、どのように答えを選んで、正解を導いたかがわかる。

それ以上に、リアルに間違えたところを見れるのが貴重です。

 

他人が、どのように間違えたかがわかる。

失敗から学べます。

 

<メリットのまとめ>

・疑似的な双方向授業

・失敗から学べる(問題を間違えた人数もリアルタイムにわかる)

・同じ受験生レベルの正解思考、解法を学べる

・他の受験生の理解度を知れる(安心できる)

 

DX化は、資格試験予備校より大学受験予備校の方が進んでますね。 

家庭教師のトライのオンライン授業は有名ですね。

オンライン自習スペースまであります。

他の資格試験学校でもサービスレベルは違いますがZOOM講義はあります(LEC等)。

 

コロナは憎く早く終息してほしいですが、

予備校のDX化(デジタルトランスフォーメーション)が進んだのは、

不謹慎ですがコロナの影響ですね。

 

ヤマ予備のヤマゼミ(ZOOM講義)ならではの良い点

豪勢な講師陣によるダブル講義です。

ベテランの山川講師と、最高得点で社労士試験に合格した三宅講師から、

同時に学べます。

問題作成は、三宅先生

講義の進行と解説は、山川先生

随所のフォロー説明は三宅先生とコンビプレイ授業は、わかりやすかったですね。

※リアルタイム受講ができなかった方は、全講義の録画を視聴できます。

ヤマ予備のZOOM講義は、ここをクリック

 

【お願い】 この記事も参考になったらアイコンクリックお願いします。

👇

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

社会保険労務士ランキング

 

 

 にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ